イントラレーシック 比較、イントラレーシック 失敗、イントラレーシック 費用

イントラレーシックとレーシックとの違い

イントラレーシックとレーシックはいったい何が違うのか?手術内容を理解してると簡単に違いが分かります。

レーシックの手術は、フラップ(ふた)を作成し、レーザーを照射して角膜の表面を削り、最後にふたをするといった方法です。

フラップ(ふた)を作成する際にレーシックの場合は、電動のブレード(刃物)で作成してます。

正直、執刀する医師の技術力の違いが一番出るのがフラップを作成する時ではないでしょうか?

それに対してイントラレーシックは、フラップの作成をコンピューター制御のイントラレースFSレーザーという機械を使用して作ります。

ブレード(刃物)ではなく、コンピューター制御のレーザーなので、執刀医の技術差もなく安全性と精度が高くなっているのが特徴です。

イントラレーシックは出来る眼科が少ないですが、イントラレースFSレーザーという機械が高価な事も理由のようです。

新しい視力矯正手術と思われてる方が多いですが、イントラレーシックは従来のレーシックと手術内容は基本的に同じです。

イントラレーシックでは、フラップの厚みや大きさまで調整できるので、今までフラップの作成が困難でレーシックが出来なかった人にも有効です。

結局、イントラレーシックとレーシックの根本的な違いは、安全性ではないでしょうか?

レーシックの種類と費用の違い

レーシックには、イントラレーシック以外にも様々な手術の種類があります。

使用する機械や手術方法など費用も違うので、どの手術内容がいいかは医師に相談して決めたほうがいいでしょう。

レーシックは、最もポピュラーな視力矯正手術の方法で、一昔前に比べれば手術費用も格段に安くなり、今なら誰でも躊躇するような価格ではないです。

ウェーブフロントレーシック(カスタムビュー)とは、ウェーブフロントレーザーを使って角膜の理想の形状を分析することが可能なため、より高い精度を求めることが出来ます。ウェーブフロントレーシック(カスタムビュー)は、個々の目の形状に細かく対応し、術後の視力の質を求めたレーシックです。

エピレーシックは、専用のエピケラトームという医療機器を使用するので、通常のレーシックが出来ない角膜の薄い人でも手術できます。

ラセックは、手術内容も基本的にはレーシックと違いはないのですが、フラップ作成が、ラセックは角膜上皮にアルコールを使用するのが特徴です。

イントラレーシックの費用比較

名前 手術 費用 検査 備考 詳細
レーシック 9.8万円 無料 各キャンペーン実地中 詳細
レーシック 12万円 5000円 ローン可・院長指名も可能 詳細
レーシック 9.8万円 無料 20回払い金利0%実地中 詳細
スーパーイントラレーシック 14.8万円 無料 各キャンペーン実地中 詳細
スーパーイントラレーシック 18万円 5000円 ローン可・院長指名も可能 詳細
スーパーイントラレーシック 13.8・14.3万円 無料 20回払い金利0%実地中 詳細
コンチェルトスーパーイントラレーシック 22万円 無料 各キャンペーン実地中 詳細
スーパーイントラレーシック(TECHNOLAS217Z) 28万円 5000円 ローン可・院長指名も可能 詳細
品川エディションスーパーイントラレーシック 17.8・18.3万円 無料 20回払い金利0%実地中 詳細

人気眼科ランキング

第1位 神奈川クリニック眼科
おすすめ度 ★★★★★
神奈川クリニック眼科は、イントラレーシックが14.8万円で出来て、世界最高のエキシマレーザーのコンチェルトなら22万円です。設備は高度外科医療用のクリーンルームで手術でき、キッズルームや託児所まで完備してます。医師は全て眼科医で、執刀医を選ぶことができます。

⇒ 神奈川クリニック眼科の詳細
第2位 錦糸眼科
おすすめ度 ★★★★☆
錦糸眼科は、イントラレーシックが18万円で出来て、FDAで最高ランクのボシュロム社のテクノラス217Z100のエキシマレーザーを使用すると28万円です。他の眼科でも断られた症例でも手術できる技術力が評判です。矢作徹院長は、世界的に活躍していて世界でもトップの3万以上の症例数を誇ってます。

⇒ 錦糸眼科の詳細
第3位 品川近視クリニック
おすすめ度 ★★★☆☆
品川近視クリニックは、イントラレーシックが平日なら13.8万円、休日なら14.3万円で出来ます。品川エディションスーパーイントラレーシックだと17.8〜18.3万円です。レーシックの症例数は一番多く、1万件以上の症例数を誇る眼科医が多数います。手術費用が格安で、症例数もレーシック業界では一番なので人気もあります。

⇒ 品川近視クリニックの詳細